ライダーの必需品|オーダースーツを着用することで仕事にやる気が生まれる

耐久性のあるレザータイプのバイクグローブを着用する

ライダーの必需品

バイカー

バイクに乗る際はバイクグローブを着けるべし!

バイクに乗る時は転倒などの事故の可能性がゼロではありません。万が一、転倒した時にバイクグローブを着けていないと手に大怪我を負う場合があるでしょう。ですから、バイクに乗るのであればバイクグローブは必ず着けるべし!

安全性の高いレザー素材

レザー素材は、衝撃に強いので事故の際に手に怪我を負いにくくなります。その為、バイクグローブを選ぶ時にはレザー素材がおすすめになるのです。

同乗者にもバイクグローブを着けてもらう

事故はいつ何時起きるか分かりません。もし同乗者を乗せて事故を起こすかもしれないでしょう。ですから、その時のことも頭に入れて同乗者の分のバイクグローブを用意しておいて下さい。

バイクグローブの手入れの手順

バイクグローブを洗う準備

バイクグローブはお湯ですすぎながら洗っていきます。その為、大きめのバケツに熱くない程度のお湯を入れておく必要があるのです。そして、お湯を溜めたバケツにレザーソープを適量入れましょう。

浸け置きする

お湯にレザーソープを入れると、次にバイクグローブをバケツの中に入れます。バケツに入れると20分程度浸け置きをして汚れや汗をしっかりと落としていくのです。

もみ洗いする

浸け置きが終わるとバイクグローブを優しくもみ洗いしていきます。もみ洗いの際は汚れがついているので、しっかりと洗うようにして下さい。

仕上げ

もみ洗いが終わると風通しの良い場所で乾かします。そして、完全に乾く前にレザーオイルを塗っていきます。そうすることで、レザーの劣化を防いだり光沢のあるバイクグローブになるのです。

おすすめのバイクグローブの素材3選

no.1

レザータイプ

レザータイプのバイクグローブは多くのライダーがこよなく愛する素材といえるでしょう。ですから、多くのライダーが使用している素材となるのでおすすめです。また、耐久性に優れている特徴があります。

no.2

メッシュタイプ

メッシュタイプの大きな魅力は通気性になります。その為、夏でも蒸れることなく使い続けられる素材です。また、比較的薄いので長時間の運転でも疲れにくいといえます。

no.3

ゴアテックスタイプ

ゴアテックスは、雨などで濡れても手まで浸透してくることはありません。ですから、天気の悪い時に運転する際でも問題なく使用可能となるのです。

広告募集中