自分の体に合ったオーダースーツを着用して仕事スイッチをオンにする

世界に一つだけのスーツ

柄や素材など数多くのスーツの種類があります。また、既成のスーツであればお気に入りのデザインでも似合わないことも起こるでしょう。しかし、オーダースーツを作るとお気に入りのスーツを体にフィットしながら着用することが可能になるのです。

人気のスーツの柄3選

no.1

シャークスキン

シャークスキン柄は遠くから見ると無地です。しかし、近くで見てみると鮫肌のような柄が描かれています。ですから、シンプルに着こなすことができスタイリッシュさを演出できるので人気の柄といえるでしょう。

no.2

ストライプ

ストライプはスーツの定番の柄といっても過言ではないでしょう。また、ストライプの間隔で印象が変わるので変幻自在の柄といえます。

no.3

ピンストライプ

若い世代に断然人気の柄がピンストライプになります。一般的には明るめのスーツに多く見られる柄です。しかし、色の明るさによって印象が大きく異なるので様々な楽しみ方ができる柄になるでしょう。

お気に入りの柄を自分のスーツに・・・

お気に入りの柄や素材など人それぞれ違うでしょう。また、自分の好みだけがあるスーツに出会うことはなかなか困難を極めます。そんな願望はオーダースーツを作ることで叶えられるのです。

オーダースーツ完成までの流れ

生地を決める

オーダースーツを作る際には、まずどのような生地にするか決めていきます。生地によってスーツ全体の雰囲気が変わるので慎重に選ぶようにして下さい。また、スーツの使うシーンによって生地を決めることも大切になるでしょう。

デザインを決める

生地が決まれば、次にどのようなデザインにするかを決める作業へと移行します。デザイン決めでは、ポケットの形やパンツのタックなども決めるので自分の思い描くデザインをスタッフに伝えるようにしましょう。

採寸

採寸では、体に細かいところまで測ってフィット感のある着心地の良いスーツにしていきます。また、採寸の際には理想のシルエットをスタッフ伝えて下さい。そうすることで、シルエットを加味して採寸を進めていき理想に近いスーツにします。

体のバランスを見て体型補正をする

人によって体のバランスは異なります。そのようなバランスの違いにも対応するために補正をしていきます。補正をすると、見た目も美しく着心地も良くなるでしょう。

完成

これだけの工程を終えると後は完成を待つだけです。時間をかけてスタッフと相談しながら様々なことを決めていくので大満足のオーダースーツになること間違いなしといえるでしょう。

お気に入りのスーツを

男性

仕事のスイッチを入れる

プライベートで30代メンズファッションだったりお兄系のファッションだったりをしてお洒落を楽しんでいるでしょう。また、バイクが好きでお気に入りのバイクにレザータイプのウェア・バイクグローブを着用してドライブに出かけてリフレッシュしている人もいます。休日は自分の好きなことをしていても仕事になると切り替えて頑張らなければなりません。その切り替えをするためには、スーツをピシッと着ることが大切になるのです。ですから、自分好みのスーツを作って仕事とプライベートのオン・オフをしっかりとできるようにしましょう。

自分好みのスーツに・・・

自分の体に合ったデザインのお気に入りのスーツにするにはオーダーをする必要があります。東京で自分だけのオーダースーツを作って仕事をするとやる気が出て全力で頑張ることができるでしょう。

広告募集中